あなたに合ったクレジットカードとは

マーケティング理論ですと何かサービスなど企画していくときには、必ず中核的なターゲットを決めます。

年代や性別、資金力の問題、ライフスタイルが決まっています。

筆者は縁あって子供達にお金や環境等の話を月に1度ほどしております。

大人も一緒に聞いてくださいますが、子供用なので簡単と侮りますと、大人の方が混乱します。

何故かと言いますと子供は今までの経験値が少ないので素直に聞きます。

ニーズもこういう話がききたいと言うものがあります。

よって子供のニーズにあわせますと大人のニーズに合わないのは当たり前です。

クレジットカードやクレジットカード比較にもターゲット層がございます。

融資額が高くてホテルラウンジが使い放題、ホテルの部屋がファーストクラスのカードが必要な方はそういません。

近場で使えた方がいいし、保険等の特典も違います。

今まで、金融知識がない方にはクレジットカード比較で見た情報が何かわからない場合は人に話すといいのです。

筆者は自分が公の場で話すことは母に説明して、それでいいと言われたら、書き上げます。

本当にそのジャンルに詳しくない人に話すと自分がクレジットカード比較の情報を正しく理解しているか把握できます。

後は自分で何も見ないで解説して、録音してみる。

理解可能ならよし、つかえたり、支離滅裂になったら理解していないということなので、また情報を集めていくとカードの選択をしていくときに過ちが少なくなります。