クレカ選びの優先順位を決める

クレジットカード比較のサイトや情報は山ほどあります。

クレジットカードも多いので、どれがいいのか悩む方が多いのです。

中にはアメリカンエキスプレス等収入が高い人用でステイタスが高いものが良いというものという方もいますし、逆に特典は少なくともいいから、使いやすいクレジットカードがいいという方もいます。

その人のライフスタイルが関与します。

筆者はいつも行くお店で使えるクレジットカードにしています。

百貨店系列で金利もステイタスも高くはないのですがブランドがVIZAで比較的汎用性が高いのです。

その百貨店ですと買い物しますと現金でもポイントがつきます。

後はサインレスで一万円までは使えますので楽なのです。

偶々知人が福祉系の団体にいましてそのカードは、ポイントを寄付に回せます。

クレジットカード比較の際にはこの条件で検索しますと人気上位ランクが出てきます。

ですが、条件が絞り込めない場合はこの考えではまよいます。

逆に何が許せないか、考えてみましょう。

 

偶々、公式サイトに支払い履歴が反映されていないとき問い合わせたら、電話口でヒステリックにわめかれました。

もともとは同業者なので別の日にかけ直して事実を伝えましたところ陳謝されました。

もし、しらを切った場合は解約です。

客商売で接遇がなっていないのはストレスがたまって社員教育が良くないと言っているようなものです。

カスタマーサービスでクレジットカード比較していけば、何かあった時迅速に対応してくれます。