今のクレジットカードで満足していますか?

これからクレジットカードを作りたい、または既に持っていて、サブが欲しい方、もうクレジットカード比較の情報はご覧になりましたか。

帯に短したすきに長しとはよく言ったもので、適当に比較もしないでいますといざという時使えません。

まさかと思う事は、人生には良くあります。

大学生の時からアメリカンショートヘアを飼っていました。

姉が自分のアルバイト代で、クレジットカードで購入したのです。

本当に家族の一員として、愛されました。

ただ、ある日倒れて、病院に行くと、心筋症で余命宣告です。

ペット保険という任意のものに入っていないと、動物の治療費は、高額です。

100万はかかったでしょう。

クレジットカードが無かったら、充分な医療を受けさせてあげられなかった。

ただの猫でしょという方もおいででしょう。

でも、連れてきたのは私達です。

他にも、クレジットカードが本当に役に立つことがあります。

ご親族に病気の方がおいでの時は相当融資可能額が高いものにした方がいいです。

ある日祖母が危篤になった時もクレジットカードが役に立ちました。

筆者は3人祖父母を突然死で亡くしましたが、お金の心配なく、行けたのはクレジットカードのおかげです。

移動中に携帯で新幹線の予約と支払をして乗ってしまえば、何とかなります。

タクシー代もクレジットカードがあると楽です。

現金は温存しないと、故人の口座は一定時間経つと封鎖です。

遺族はその時間内に、お金をおろせないのです。

そういう時に本当に使えるようにクレジットカード比較を活用しましょう。

クレカ選びの優先順位を決める

クレジットカード比較のサイトや情報は山ほどあります。

クレジットカードも多いので、どれがいいのか悩む方が多いのです。

中にはアメリカンエキスプレス等収入が高い人用でステイタスが高いものが良いというものという方もいますし、逆に特典は少なくともいいから、使いやすいクレジットカードがいいという方もいます。

その人のライフスタイルが関与します。

筆者はいつも行くお店で使えるクレジットカードにしています。

百貨店系列で金利もステイタスも高くはないのですがブランドがVIZAで比較的汎用性が高いのです。

その百貨店ですと買い物しますと現金でもポイントがつきます。

後はサインレスで一万円までは使えますので楽なのです。

偶々知人が福祉系の団体にいましてそのカードは、ポイントを寄付に回せます。

クレジットカード比較の際にはこの条件で検索しますと人気上位ランクが出てきます。

ですが、条件が絞り込めない場合はこの考えではまよいます。

逆に何が許せないか、考えてみましょう。

 

偶々、公式サイトに支払い履歴が反映されていないとき問い合わせたら、電話口でヒステリックにわめかれました。

もともとは同業者なので別の日にかけ直して事実を伝えましたところ陳謝されました。

もし、しらを切った場合は解約です。

客商売で接遇がなっていないのはストレスがたまって社員教育が良くないと言っているようなものです。

カスタマーサービスでクレジットカード比較していけば、何かあった時迅速に対応してくれます。

 

 

あなたに合ったクレジットカードとは

マーケティング理論ですと何かサービスなど企画していくときには、必ず中核的なターゲットを決めます。

年代や性別、資金力の問題、ライフスタイルが決まっています。

筆者は縁あって子供達にお金や環境等の話を月に1度ほどしております。

大人も一緒に聞いてくださいますが、子供用なので簡単と侮りますと、大人の方が混乱します。

何故かと言いますと子供は今までの経験値が少ないので素直に聞きます。

ニーズもこういう話がききたいと言うものがあります。

よって子供のニーズにあわせますと大人のニーズに合わないのは当たり前です。

クレジットカードやクレジットカード比較にもターゲット層がございます。

融資額が高くてホテルラウンジが使い放題、ホテルの部屋がファーストクラスのカードが必要な方はそういません。

近場で使えた方がいいし、保険等の特典も違います。

今まで、金融知識がない方にはクレジットカード比較で見た情報が何かわからない場合は人に話すといいのです。

筆者は自分が公の場で話すことは母に説明して、それでいいと言われたら、書き上げます。

本当にそのジャンルに詳しくない人に話すと自分がクレジットカード比較の情報を正しく理解しているか把握できます。

後は自分で何も見ないで解説して、録音してみる。

理解可能ならよし、つかえたり、支離滅裂になったら理解していないということなので、また情報を集めていくとカードの選択をしていくときに過ちが少なくなります。

 

クレジットカード比較のポイント

クレジットカード比較の情報の見方は様々です。

利便性や金利、対象年齢、年会費、付帯サービス、ポイント還元率、支払い方、等様々な価値が詰まったものがクレジットカード比較サイトには詰まっています。

あえて申し上げますと、最も大切なのはコンプライアンス、法令が守られているかと提携店、提携銀行の数と質です。

ここでクレジットカードを人に例えてみましょう。

恋愛に発展しそうな女性、男性にであった、その時どこを見るかです。

外観も人を示しますが、いつも一緒にいる人も見ます。

友人、知人はその人の鏡です。

金融や客商売はシビアな世界で、少しでもマイナス要素があると、スポンサーや提携先が減っていきます。

後は、収入か実績ですね。

人間の場合は「人格が良ければいい」と言えます。

でも、さした理由がないのに中々仕事が見つからない、またお金のことしか考えない、もしくは無頓着というのは人もクレジットカードもアウトです。

顧客が集まらないクレジットカード会社は経営戦略がなっていない、プレゼンが下手ということです。

殆どは株式会社なので投資家から魅力的ではないと思われるクレジットカード会社は社会情勢などの関与がない時に株価が下がった場合は何か不安や失点があることもあるので、クレジットカード比較だけではなくこまめに株価等チェックしていくことが必要です。

無論数字がすべてではないのですが、貸し渋りや過払い金返還要求等が多い場合はその会社がどう対応していくかで後の金利なども変化します。