年会費無料と年会費が必要なクレジットカードの違い

クレジットカードには、年会費がかかるクレジットカードと年会費がかからないクレジットカードがあります。

年会費無料であるクレジットカードの方が人気は高い傾向ですが、年会費を支払うカードには、様々な特典がついていたり、ポイント還元率が高くなる場合もありますから、契約をする前に、調べておくと良いでしょう。

年会費無料としておきながら、実際には、初年度のみ年会費無料であったり、1年間のうち決まった回数クレジットカードの利用がなければ、年会費が無料にならないというクレジットカードもあります。

中には、年会費が無料としているのにも関わらず、データの維持費として、年会費程度の支払いが毎年あるというようなクレジットカードもあります。

年会費無料であるクレジットカードを選んだ場合には、上記のように、急に支払いをするお金が増えてしまうことのないようにしなければいけません。

クレジットカードの中には年会費が無料であり、クレジットカードの審査にクリアしやすいとされているクレジットカードも存在します。

そのようなクレジットカードは、ポイント還元率が0であり、バイト生活をしている人や、パートで生計を立てている人でも容易に契約ができます。

中にはそのような還元率が0のカードを頻繁に利用しながら、滞納もなく、毎月しっかりと返済することができていると、一般のカードの変更する時に、審査をしなくても簡単に新たなクレジットカードを作ることができる場合もあります。

クレジットカード比較がすべてではない

クレジットカード比較の情報を上手く使いこなすにはコツがあります。

それはインターネットの情報は、あくまで思考の原材料です。

クレジットカード比較サイトの情報がどんなに精緻で優れていてもあくまで万人向けの情報です。

皆様、うさぎ饅頭という和菓子を御存知ですか。

ひいきのお店で買って家族が美味しいというのでよく購入しますがそのお店以外のものは評判がいまいちです。

で、ひいきのお店でも頭から食べるか、お尻から食べるかで母と舌戦になります。

バカバカしい話ですが親子でも饅頭ひとつでこれだけ意見が違います。

クレジットカード比較のようにお金の話はもっと細かく見ないといけません。

 

インターネットは確かに便利です。

でも、すべてのニーズをかなえる情報はないのです。

では、どうしたらいいのでしょう。

ひとつの回答は、クレジットカード比較で得た情報でわからないところを聞いてしまう。

申込み意志確認の時に筆者は聞いてしまいます。ここが不安なのですが、どう思われますかと聞くと答えてくれます。

適当な回答が返ってきた場合はやめます。ただのセールスです。

でも、悩んで丁寧に答えた場合は、ちゃんとお客様のことを考えている企業ということで、大丈夫と判断します。

因みにすみませんは金融業の使う言葉ではございません。

申し訳ございませんと言うようにしつけられます。

やはり、大事なのは気軽に相談ができるかです。

豊富な知識と丁寧な対応ができない企業は顧客離れが出ます。

 

今のクレジットカードで満足していますか?

これからクレジットカードを作りたい、または既に持っていて、サブが欲しい方、もうクレジットカード比較の情報はご覧になりましたか。

帯に短したすきに長しとはよく言ったもので、適当に比較もしないでいますといざという時使えません。

まさかと思う事は、人生には良くあります。

大学生の時からアメリカンショートヘアを飼っていました。

姉が自分のアルバイト代で、クレジットカードで購入したのです。

本当に家族の一員として、愛されました。

ただ、ある日倒れて、病院に行くと、心筋症で余命宣告です。

ペット保険という任意のものに入っていないと、動物の治療費は、高額です。

100万はかかったでしょう。

クレジットカードが無かったら、充分な医療を受けさせてあげられなかった。

ただの猫でしょという方もおいででしょう。

でも、連れてきたのは私達です。

他にも、クレジットカードが本当に役に立つことがあります。

ご親族に病気の方がおいでの時は相当融資可能額が高いものにした方がいいです。

ある日祖母が危篤になった時もクレジットカードが役に立ちました。

筆者は3人祖父母を突然死で亡くしましたが、お金の心配なく、行けたのはクレジットカードのおかげです。

移動中に携帯で新幹線の予約と支払をして乗ってしまえば、何とかなります。

タクシー代もクレジットカードがあると楽です。

現金は温存しないと、故人の口座は一定時間経つと封鎖です。

遺族はその時間内に、お金をおろせないのです。

そういう時に本当に使えるようにクレジットカード比較を活用しましょう。

個人情報に注意する

クレジットカード比較やクレジットカードの公式サイトを使うときには、注意していただきたいことがございます。

安易に個人情報を記入しないことです。

必ず個人情報の取り扱い指針を、確認しておくことです。

流出した場合大変なのです。

直接申し込まなくともLINEや、フェイスブック等SNSに情報が出てしまって、誕生日などからクレジットカードの暗証番号が推測され、カード情報が抜き取られてしまうこともございます。

これは気が付きにくいので被害額があがります。

筆者はほぼすべてパソコンでメールなどで重要度が高いものはつなげています。

携帯電話で閲覧できるようにしています。

証拠の保全がしやすく、ウイルスのガードもしやすいのです。

信頼できない相手にはアドレスは教えないので安全です。

 

ここで個人情報についての笑い話をしましょう。

ある時、知らない業者から葉書がきました。

名前が間違っています。

その後に勧誘電話がきました。

両方とも、結婚相談所です。

口上は「お宅のご子息様に」当方、女です。

後で女学校時代の名簿が流れたと知ったのです。

難読漢字なうえに、多分性別を孫請けのデーター入力者が間違えたのでしょう。

ペーパーベースでこうなのです。

どの電子ツールでも、使う方もセキュリティをしっかりしておかないと、上手く行かないのです。

クレジットカード比較で他のカードがいいと思った場合、使わないカードは、解約しておいた方が安全です。

枚数が多いと何が起きるか分かりませんので。

 

間違った情報に振り回されない!

皆様は、クレジットカード比較の情報を、インターネット等で入手なさっています。

このツールは、非常に便利であると同時に誰でもかきこむことができるので、間違った情報と正しい情報が混ざっています。

よくあるパターンがクレジットカードの申し込み却下率のことです。

よく個人の掲示板でその手のクレジットカード比較をしている方がいますが詮の無きことです。

何故かと申しますと、最低でも統計学と公民の知識がないと、そういう事は言えないのです。

何故統計学かと言いますと、クレジットカード比較において、必要なのは、最初にこのクレジットカードにはこういう特性があるという仮説を立てて、それを実証するデーターを数百から数千は出さないといけません。

そこでやっとそういう傾向があると言えます。

ここまでいかずとも、数人が上手く行ったという情報だけで、飛びつくと痛い目に合います。

 

また、与信基準、皆様の言う審査の基準はクレジットカード会社の機密中の機密です。

督促の仕事もしましたが、担当が違うと普通知らないか、知っていても具体的に口外はしません。

漏らすと多額の損害賠償と免職が待つのです。

インターネット上でも、すぐにパソコンなどのデーターでばれます。

本当に当事者でも漏らしてしまうのは、法令順守がなっていないということなので、どの道企業の不利益です。

後はもうけ主義の高利貸しと叩く方もいます。

少々短慮なお考えです。

確かにそういう企業も皆無ではない、ですが実際のクレジットは皆様の幸福のための道具です。

 

 

お金との付き合い方は正しいか

クレジットカード比較で覚えて置きたい事は、お金は人の間を裂くことがあるということです。

インターネットの掲示板で結婚披露宴に着ていく服やご祝儀のことでおもめになる方がいて「あーあ」と思います。

何故かというとこの「お金を包む額が気持ちの表れ」というのは日本でしか通用しない、いえ、今の日本でしか通用しないものです。

 

筆者は幼稚園からプロテスタントの教育を受けました。

小学校は違いますが。そこで教えられるのはお金はあくまでも道具で主人ではないということです。

クレジットカード比較も同じ事です。

クレジットカードがあればいいということではないのです。

筆者は友人達に結婚式と二次会は出るけれど、披露宴はでないことは言ってあります。

結婚式は誓いの言葉に偽りがないことの承認なので出ます。

そして二次会は親などが介入しない内輪のお祝いなので出ます。

披露宴は高価なお食事と引き出物を出されるのが嫌で出ません。

奢侈は非常に憎むべきものです。

銀の小物や新生活でいくらあっても困らないものを贈ってその後相談等の付き合いをしていくのが海外では主流なのです。

披露宴に行かないと友達じゃないというのは実に日本人的感覚です。

包むとものすごく怒られる国も多いのです。

逆にお葬式は親に頭を下げてでもキャッシングしてでも包みます。

ご遺族様はこれから、愛した人のために動くのです。

その時の足代等にお使いくださいということで包める分は包みます。

クレジットカードがないと交際ができないのは本当の仲間か考えてみましょう。

 

クレカ選びの優先順位を決める

クレジットカード比較のサイトや情報は山ほどあります。

クレジットカードも多いので、どれがいいのか悩む方が多いのです。

中にはアメリカンエキスプレス等収入が高い人用でステイタスが高いものが良いというものという方もいますし、逆に特典は少なくともいいから、使いやすいクレジットカードがいいという方もいます。

その人のライフスタイルが関与します。

筆者はいつも行くお店で使えるクレジットカードにしています。

百貨店系列で金利もステイタスも高くはないのですがブランドがVIZAで比較的汎用性が高いのです。

その百貨店ですと買い物しますと現金でもポイントがつきます。

後はサインレスで一万円までは使えますので楽なのです。

偶々知人が福祉系の団体にいましてそのカードは、ポイントを寄付に回せます。

クレジットカード比較の際にはこの条件で検索しますと人気上位ランクが出てきます。

ですが、条件が絞り込めない場合はこの考えではまよいます。

逆に何が許せないか、考えてみましょう。

 

偶々、公式サイトに支払い履歴が反映されていないとき問い合わせたら、電話口でヒステリックにわめかれました。

もともとは同業者なので別の日にかけ直して事実を伝えましたところ陳謝されました。

もし、しらを切った場合は解約です。

客商売で接遇がなっていないのはストレスがたまって社員教育が良くないと言っているようなものです。

カスタマーサービスでクレジットカード比較していけば、何かあった時迅速に対応してくれます。

 

 

クレジットカードの平均保有枚数

40011688_35W_R

クレジットカードを複数枚保持している人はたくさんいます。

国際ブランドが同じであるクレジットカードばかりを保有していると、自分がクレジットカードを利用したいシーンで加盟店がない場合に、クレジットカードを利用することができませんから、様々な国際ブランドのクレジットカードを持ち歩くという人も多くなっています。

平均すると、クレジットカードの保有枚数は3枚程度であるとされています。

中には、同じクレジットカード会社で国際ブランドが違う物を1枚ずつ作り、ポイントを全て一本化するという人もいます。

年会費が無料である物や、ポイントへの還元率が高いクレジットカードの方が人気があります。

何枚保有するかは、自分自身で決定するわけですが、むやみに何枚もクレジットカードを作ってしまうと、自分自身で管理をするのが大変となってしまいますので気を付けましょう。

クレジットカードの契約には必ず審査があるわけですが、1枚クレジットカードを作ることができれば、大抵の場合、2枚目や3枚目も審査をクリアすることができるでしょう。

中には、クレジットカードの使い方が荒い場合、契約が不可となってしまうこともありますが、正常な使い方をしている場合には、1枚しかクレジットカードを作ることができないということはありません。

上手な利用法としては、メインとなるクレジットカードとサブとなるクレジットカードを1枚ずつ保有し、ポイントを貯めるという使い方となります。

あなたに合ったクレジットカードとは

マーケティング理論ですと何かサービスなど企画していくときには、必ず中核的なターゲットを決めます。

年代や性別、資金力の問題、ライフスタイルが決まっています。

筆者は縁あって子供達にお金や環境等の話を月に1度ほどしております。

大人も一緒に聞いてくださいますが、子供用なので簡単と侮りますと、大人の方が混乱します。

何故かと言いますと子供は今までの経験値が少ないので素直に聞きます。

ニーズもこういう話がききたいと言うものがあります。

よって子供のニーズにあわせますと大人のニーズに合わないのは当たり前です。

クレジットカードやクレジットカード比較にもターゲット層がございます。

融資額が高くてホテルラウンジが使い放題、ホテルの部屋がファーストクラスのカードが必要な方はそういません。

近場で使えた方がいいし、保険等の特典も違います。

今まで、金融知識がない方にはクレジットカード比較で見た情報が何かわからない場合は人に話すといいのです。

筆者は自分が公の場で話すことは母に説明して、それでいいと言われたら、書き上げます。

本当にそのジャンルに詳しくない人に話すと自分がクレジットカード比較の情報を正しく理解しているか把握できます。

後は自分で何も見ないで解説して、録音してみる。

理解可能ならよし、つかえたり、支離滅裂になったら理解していないということなので、また情報を集めていくとカードの選択をしていくときに過ちが少なくなります。

 

クレジットカードを持っていることで得られる特典

クレジットカードを所有することで、得ることができる特典はたくさんあります。

カードと一緒に無料で申し込みができるようなETCカードを作ることができる場合や、サイトのポイントとして数千円もらうことができるカード、その他にも契約をするだけで数万円もらうことができるようなクレジットカードもあります。

クレジットカードを作ることで、ポイントが貯まる場合、ポイントが品物交換にしかならない場合もあり、現金として使うことができないこともあるのですが、種類によっては、契約をすることで、数万円の現金がもらえる場合がありますので、そのような特典を目当てにクレジットカードの申し込みをする人も少なくありません。

ブラックカード

もちろん誰しも申込書を提出すれば、特典を受けることができるわけではなく、クレジットカードの審査にクリアし、手元にクレジットカードが届かなければ、特典を得ることはできません。

ETCカードの申し込みも、クレジットカードと一緒に申し込みができる場合もありますが、手元にクレジットカードが届いてからではないと、契約できない場合もありますので、ETCカードが自宅に届くまでには、時間がかかる可能性もあるということを視野に入れておきましょう。

ETCカードはクレジットカードとは別に作ることもできますし、クレジットカードと一緒となって作成することもできます。

スーパーやショッピングモールなどで利用できる、チャージタイプのカードもクレジットカードと一緒となっている物も多数あり、その分ポイントが貯まりやすくなっています。